K2RECORDS【音楽CDのレンタルショップK2レコードは、レア盤や輸入盤・インディーズ・効果音など何でも揃う関西最大のミュージックレンタルショップです。】K2は音楽CD専門のレンタルショップです。現在、5万タイトルを在庫する関西で最大級のCDライブラリーです。

ホーム
店内紹介
ご利用案内
各種サービス
アクセス/地図
CD紹介
Q&A
メール会員
店長日記
オススメサイト
周辺スポット

携帯サイト用QRコード



CD紹介

ブレイクコア | ドラムンベース |  ダブ | フリージャズ | フュージョン | ガレージロック |  ヒーリング |  邦楽クラブサウンド  |  邦楽ダンスホール | 邦楽ガレージ・モッズ | 邦楽ヒップホップ | 邦楽オムニバス |  邦楽音響 | プログレ | 邦楽スカ | ジャジー HIP HOP | ニューオーリンズ R&B  |  P-ファンク |  パールジャムとその関連 | ポストロック | ソフトロック | ソウル/ファンク | ストーナーロック | HR/HM | テクノ | ハウス | エレクトロニカ | ワールド | 邦楽女性ポップス | 邦楽女性シンガー | 邦楽男性シンガー | 日本発ワールド | 邦楽R&B | 関西インディーズ | 邦楽男性ポップス | 邦楽男性ロック | 邦楽インディーズ | 邦楽サウンドトラック | アニメ | 邦楽アイドル


邦楽クラブサウンド

ファンク(funk)は黒人起源のブラック・ミュージックのジャンルの一つで、アフリカ系米国人を起源とし、ミーターズやジェームス・ブラウンおよび彼のバンドのメンバーが始祖とされています。その大きな特徴は、バックビート(裏拍)を意識した16ビートのリズムとフレーズの反復を多用した曲構成です。生臭く泥臭くしかも踊らずにはいられないほどのノリがあり、とりわけリズムはファンクを位置づける大きな要素となっていて、分厚くうねるベースライン、鋭いリズムギター、強いリズムのホーンセクションなど、演奏楽器のすべてがファンクビートを形成していると言えます。バンドや楽曲ごとにさまざまな特徴がありますが、ドラムマシーンによる機械的なビート、アフリカやラテン系のリズム、ジャズやロック、レゲエの要素を取り入れるなど、ジャンル、人種を超えた発展を続けてきました。スライ&ザ・ファミリー・ストーンやジョージ・クリントン(Pファンク参照)、ラリー・グラハム、 オハイオ・プレイヤーズはもちろんのこと、B.T.エキスプレス、コンファンクション、ファットバック等のディスコ系もファンクの発展に貢献しています。またタワーオブパワー、アベレージホワイトバンド等の白人系も要チェックです。



規格番号
アーティスト:
グラハム・セントラル・ステーション
タイトル:
Graham Central Station

スライ&ザ・ファミリーストーンのベーシストであり、チョッパー奏法の生みの親、ラリー・グラハム率いる骨太バンドのデビュー作( 73 年)。ファンクはもとより、ブルースやゴスペル、ロックまでをも吸収した雑食性がドス黒いグルーヴを発生させてます。エレクトリック・ファンク・ボックスを巧みに使った傑作もあり。




規格番号
アーティスト:
ボハノン
タイトル:
The Very Best Of BOHANNON

ジミヘンやS . ワンダーと仕事をした経験を持つドラマー兼サウンド・クリエイター、ハミルトン・ボハノン。彼が残した 73 〜 83 年の録音を集めたベスト盤がこれ。ファンキーでギターのカッティングが印象的なディスコ・ナンバーやメロウ&ジャジーな作品は SOUL/FUNK ファンに長く愛され続けてます。




規格番号
アーティスト:
タワー・オブ・パワー
タイトル:
バック・トゥ・オークランド

リズム&ブラスという売り文句でモ黒いモ音楽的要素を吸収しタイトでソリッドなバンド・アンサンブルがノリの良いファンクを叩き出す彼等の通算 4 作目の代表的作品( 74 年)。炸裂するホーン・セクションが強烈な印象を残す名演奏の数々はベイエリアの乾いた風を運んで来ます。




規格番号
アーティスト:
スライ&ザ・ファミリー・ストーン
タイトル:
フレッシュ

ヒップホップにも通じるループ感溢れる打ち込みのビートを故意に揺らしながら絶妙なドラムスがテンションみなぎる表情を与える 73 年の名作。彼流ファンクのスリル感とヘヴィネスが高密度で詰まってます。『暴動』とよく比較されるが、彼の生活感が赤裸々に出ている分こちらの方が奥が深い。




規格番号
アーティスト:
JBユs
タイトル:
Damn Right I Am Somebody

J.ブラウンの 73 年作『 The Payback 』のセッションと同じミュージシャン達で録音された本作。F.ウェズリー、M.パーカーをはじめとしたホーン・セクションは時にジャジーにブラス・ロックに、フュージョンにと姿を変えますが、その根底にはいわずもがなのファンクが脈々と波を打ってます。