カテゴリー別アーカイブ: サルサ

エディパルミエリはニューヨークサルサのリビングレジェンド

エディパルミエリの来日にあたって

エディパルミエリが7月に来日するということで、これはもう見ておくしかないなと。
80歳になられてもまだまだ現役の御大は精力的にライブを行っています。

前々回ぐらいの来日公演もブルーノートで見ましたが、すごい気迫でバンマス・オブ・バンマスという感じで終始圧倒されました。

最近といっても2年ぐらい前ですが、「DOIN' IT IN THE PARK」邦題:プレイグラウンドバスケットボールという映画でサントラを担当していましたが、ニューヨークのバスケ事情を描いた町の風景に、エディパルミエリのピアノやグルーヴは本当にマッチしていました。

(バスケ好きの方もこの映画は必見!)

ニューヨークのサルサシーンのリビングレジェンドで生き字引のような存在ですので、また圧倒されまくりながら楽しみたいと思っています。

画像の「ルクミ、マクンバ、ヴードゥー」はレアグルーヴの人たちには有名な(?)1枚で、ヴードゥーなんて題がついてるのですが、ちょっとそんな雰囲気もかもしつつ、どこかプログレっぽい時間の歪みも感じることの出来る名盤です。

エディパルミエリ 「リッスンヒア!」

eddie palmieri listen here

エディパルミエリ リッスンヒア!

ニューヨーク・ラテンジャズの大御所ピアニスト。

2005年の作品ですが衰えは全くありません。
1曲目から適度に利かせた(これ大事)ボトムの迫力に、美しくも弾けるピアノの音色。
目立ってないのに耳に入ってくるパーカッション。

このアルバムを聴くなら、音の粒がはっきり再生できるスピーカーやヘッドフォンをオススメします!